肥料使用履歴
使用日時 肥料名 摘要
 第一回 5月上旬?5月中旬 ジシアン 444 即効性の高度化成肥料
いち早く効かせる為

 第二回 9月中旬 下仁田葱専用有機肥料 下仁田葱専用の有機肥料
 第三回 10月初め頃  野菜美人 有機30パーセントの
有機アグレット肥料
秋に太らせる為

 第四回 10下旬以降 燐硝安加里 即効性 高度化成肥料
土寄せ以降 売るまで
持たせる肥料



 その他適時に有機肥料をする
けやき有機

かぶら有機
有機質60パーセントの肥料

有機質31パーセントの肥料










 ご覧になってお分かりのように、下仁田葱は思いの外、肥料が要る野菜です。
 初回と最後以外は、皆、有機系の肥料を使っています。
 昔は高度化成に頼っていましたが、それでは畑がダメになってしまうと言う事が
 分かり ここ十年 主に有機系肥料だけを与えています。

 お陰で 毎年、作柄は 違った事はございません。 
 
 今年は、春の干ばつと夏以降の雨降りで肥料を与えることができませんでした。
 いつになく遅くなりました。事前と肥料の回数が少なかったです。
 それでも 太くて良い葱になりました。 我が家だけ? 豊作です。


【 31年度 肥料・農薬使用 履歴 】
農薬使用について
農薬名 摘要 使用時期
  アドマイヤー粒剤 殺虫剤 登録農薬 葱植えの時使用
10 a 当たり 
3Kg 使用
春・夏 使用

使用されています「農薬 アドマイヤー」は 皆、誰もが使っています。
葱用の 「登録農薬」 です。安全は農水省でも保証しています。
使わないのに、こしたことはございませんが、やはり 害虫には勝てません。
無農薬では売り物に成る物は出来ません。
売るまでに十五ヶ月を費やす作物ですから、この位の使用は許容範囲かと思います。
ましてや、下仁田葱は次から次へと新芽が吹き出す物ですか・・・・        
最後に使用して四ヶ月が経ちます。
当然、残留農薬のご心配はございません。 
皆様、ご安心下さいませ。
                                                                        嘘も紛れもない 小金沢信夫農園でした。