信越本線横川-軽井沢間(旧線)

略歴

区間 横川〜軽井沢
運行開始 明治26年
新線移行 昭和38年

信越本線(旧線)

 信越本線は、当時の軍部からの強い要請などにより、東山道本線として工事が始まりました。しかし、険しい碓氷峠にその道を阻まれ、その役目を東海道本線にゆずることになりました。

 その碓氷峠(横川-軽井沢)ですが、その特殊性のため、開業間もなく、国内でも他に先駆けて電化されました。本来ならば日本の大動脈となるはずだったこの区間の、面目を保ったといったところでしょうか?

 この写真は横川駅をでて間もなく、丸山変電所跡をすぎて旧線と新線の分岐点をさらに軽井沢方面へ進んだところにある、廃線跡です。幹線であった信越本線らしい、立派な切り通しになっています。

 さらに進むと、「眼鏡橋」の通称で知られる、碓氷橋梁があります。レンガ積みでつくられたこの橋は、近くで見ると迫力満点。夜見ると、少し恐い感じがしますが、その美しいアーチは、一見の価値は十分にあります。碓氷峠といえば、この橋が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?この橋を見る度に、当時建設に携わった人たちの苦労が偲ばれます。

 碓氷峠の旧線には、橋梁だけでなく、多くのトンネルも存在します。このトンネルは軽井沢近くにあるトンネルで、入り口は柵で封鎖してあります。中に入れないのが残念ではありますが、外観を見るだけでも橋梁と同様に、美しいレンガ積みの姿が見え、感心するばかりです。

 この信越本線の旧線は、アプト式という特殊な方法で峠を越えていましたが、施設の老朽化と、輸送量の増加に対応できなくなってきたため、昭和38年、複線で、粘着運転の新線へと切り替えられました。

 ちなみに、これらの旧線の遺構は現在、文化財に指定されています。