国鉄長野原線

略歴

区間 長野原〜太子
運行開始 昭和20年
廃止 昭和46年

国鉄長野原線

 長野原線は、戦局が厳しくなっていた太平洋戦争末期、昭和20年に、群馬鉄山の鉄鉱石を運搬するために、日本鋼管株式会社の専用線として開通しました。鉱物資源の少ない日本にとって、群馬鉄山から産出される鉄鉱石は貴重な軍事物資だったのでしょう。終戦後も首都圏へ鉄鉱石を運ぶ路線として重要な位置を締め、昭和27年に国鉄へと譲渡されました。

 しかし、このころから群馬鉄山が枯渇し始め、その余剰輸送力を穴埋めするために、昭和29年に、旅客輸送を開始しました。旅客輸送の開始が、長野原線の衰退の象徴だなんて、少し皮肉な気がします。

 群馬鉄山の枯渇によって太子(おおし)のある六合(くに)村の人口も減少。六合村は過疎地域となってしまい、旅客輸送も思わしくなかったようです。

 しかも、追い討ちをかけるように昭和38年、群馬鉄山が閉山。昭和41年には貨物営業が廃止されてしまいました。本来の目的を失った長野原線は昭和45年運転休止。翌46年に廃止されました。ただし、渋川〜長野原(現在の長野原草津口)は残され、昭和46年に長野原〜大前が開通し、吾妻線として残っています。

 この写真は、長野原線の長野原駅をでてすぐのところにある、ガーター橋です。木々におおわれてはいますが、当時の姿をしっかりと残しています。この線の最大の遺構といえます。

 橋を渡った後、この線の廃線跡は、鋪装され、生活道路となっています。しかし、しばらくいくと、トンネルがぽっかりと口を開けています。このトンネルは崩落が進み、湧水もみられるので、通行はできません。

 そばを通る国道を太子方面へと進むと、再び長野原線跡が姿をあらわします。途中、2つのトンネルもあり、営業当時の長野原線を想い、廃線を満喫できます。

 右の写真は、そのトンネルの内の1つです。ひつまでも暗く、歩いて通るにはちょっと不気味な感じさえします。しかし、トンネルそのものは、ほぼ、営業当時のままに近い状態で残されています。

 廃線の楽しみを知るには、絶好の場所かも知れません。あまりにも保存状態がいいので、道のわだちが線路に見え、いまにもトンネルから、SLが汽笛をならしながら、あらわれてきそうです。

 さらに進むと太子駅です。

 駅にはホッパー、車止め、トイレなどが残されています。駅周辺は、地元の人たちによって花が植えられるなどして、きれいに整備されています。地元の人たちの長野原線への愛着心を垣間見たような気がします。

 ここで、思いもかけず、私が尊敬する鉄道カメラマンの南正時氏にお会いすることができました。南氏は、気軽にお話してくださり、とても楽しい時間が過ごせました。

 最後に、この駅構内で、私の愛機で記念撮影。とてもよい記念となりました。

 後日、南氏の著書、淡交社「失われた鉄道100選」に、そのときの様子が書かれているのを見たときは、嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。南カメラマンには感謝の言葉もありません。

 ここで、駅跡のそばに、長野原線のキロポストを発見。「48」という数字は、長野原線の起点であった、渋川からの距離だと思われます。

 長年の風雨にもたえ、残っている姿は、感動的ですらあります。一部の不心得な鉄道マニアに持ち去られていなかったことが、何よりも嬉しいです。今後も、このままの姿で、この場所にそのまま残ってくれることを、願ってやみません。

 歴史に翻弄されて消えていった、長野原線を語る、貴重な証人なのですから。

 このキロポストは、長野原線の中でも、以外と知られていない遺構かも知れません。