草軽電気鉄道

略歴

区間 新軽井沢〜草津温泉
運行開始 大正4年
廃止 昭和37年

草軽電気鉄道

 大正4年に運行を開始した同鉄道。全線開通したのは大正15年のこと。ほかの中小私鉄の例にもれず、モータリゼーションの影響で、昭和37年に全線が廃止になりました。

 草軽電気鉄道は、軽井沢と草津温泉という二つの観光地を結ぶ、かなり標高の高い所を走る鉄道でした。当時は、日本国内唯一の高原鉄道ということがこの鉄道の売りで、車窓から望める雄大な浅間山などは、まさに絶景であったことでしょう。

 この写真は群馬ではなく、長野側になるのですが、高原の中をまっすぐにのびた軌道跡は、今にも草軽電気鉄道の車両がやってきそうな雰囲気です。

 軽井沢町にある中央公民館には、当時草軽電気鉄道で活躍した機関車が保存してあります。この車両を見た後に、この機関車が高原の中を走る姿を想像するのも楽しいかも知れません。

 当時の北軽井沢駅の駅舎は当時の姿とあまり変わらずに残っています。

 心配なのは、この建物の今後の行方。当時の草軽電気鉄道を語る数少ない証人でもあるので、ぜひとも、今後もこの姿のままで保存してほしいものです。

 ちなみに、北軽井沢は長野県ではなく、群馬県になるんです。群馬県の長野原町の一部のことを北軽井沢と呼ぶのですが、ご存知でしたか?

 実際に軽井沢と北軽井沢の距離は、かなり離れています。このことを知らずに現地に行くと、かなり面喰らってしまうのではないでしょうか。

 モータリゼーション以外に、草軽電気鉄道が廃止されることになった原因の一つに、吾妻川に架かる鉄橋の流失があります。台風などによって、鉄橋が何度も流失し、その復旧が草軽電気鉄道の経営を圧迫しました。

  結局昭和34年台風7号の時に吾妻川に架かる鉄橋が流失し、復旧のメドが立たないまま廃止になりました。

 この写真はその鉄橋の橋台です。

 このすぐそばをJR吾妻線の新特急草津が走り抜ける姿は、少し皮肉な感じさえします。

 やぶの中にある草軽電気鉄道の路線跡を見てみると、その部分だけ木が生えずに、まっすぐな空間として残っていました。固められた路盤には、木も生えにくいのでしょう。

 まるで、草軽電気鉄道が「私はたしかにここにいたんだぞ!」と、主張しているかのようです。

 草軽電気鉄道の執念とでもいうのでしょうか(笑)。

 ある種の感動さえ覚えました。しかしこの場所も、もう何年かすると高い木々におおわれ、どこが草軽電気鉄道の路線跡か、わからないくらいになってしまうのでしょう。

 残念な気もしますが、それが自然の力なのであれば、諦めざるをえません。

 まっすぐな空間をどんどん進んでいくと、その空間が突然途切れ、崖になっていました。

 崖の下に回ってみると、石積みの橋台が高くそびえていました。

 草軽電気鉄道は軽便鉄道であったのですが、この橋台はかなり立派なものです。

 しばし、この橋台の威厳に圧倒され、立ち止まってしまいました。草軽電気鉄道の橋台は、他にもたくさんのこっています。うっそうとした森の中にそびえる橋台の姿は、まるで、密林のなかにある、古代遺跡のようです。

 終着駅の草津温泉駅跡には、小さな記念碑が建っていました。この写真では分かりにくいかも知れませんが、記念碑の下には、当時の線路が埋め込まれています。

 軽便鉄道の線路らしく、小さく、少し頼り無い感じもする線路ですが、当時を想像するには十分すぎる程の貴重な資料です。

 現在草軽電気鉄道は、草軽交通として、バスやタクシーなどの経営を行っています。この碑から歩いて15分くらいの所には、草軽交通のバスターミナルがあり、バスが行き交っています。

 鉄道斜陽の時代に消えた鉄道が変身し、すぐそばをバスとして走っている。

 少し寂しいような気分になりました。