上州電気鉄道

略歴
区間 高崎〜長野など
運行開始 未成線

 
上州電気鉄道
Chungking Expressへ

 上州電気鉄道は、群馬の未成線の中でも、謎の多い鉄道です。設立された当初は、高崎から安中付近を通過し、吾妻を通り、草津、さらには群馬県境を越えて小布施を通り、長野市へ至る(その他いくつかの支線を含む)壮大な計画の鉄道でした。会社は大正13年に設立。しかし昭和恐慌などのあおりを受け、計画は縮小。当初は高崎駅が始発点の予定でしたがその後きた高崎駅、群馬八幡駅と計画は縮小していきました。それと同時に会社の本社も東京から高崎に移転、最後には板鼻町(現在の安中市板鼻町)に移転。経営状況改善のための努力もなされましたが、昭和6年会社が破産し、この鉄道は幻となってしまいました。上の写真は、その予定線で実際に工事が行われた板鼻付近の橋台です。

 この橋台跡を反対側から見ると、正面から見るより、さらに鉄道の橋台であることが実感できるような構造となっています。この橋台は、県道前橋安中線をクロスオーバーするためのものであったと考えられます。構造は、東武鉄道熊谷線跡にあった橋台の構造物によく似ています。この橋台は、現在、近くにあるホテルの看板の「台」として利用されています。本来、鉄道を支えるはずであった「台」が、看板を支えるための台として利用されているのを見るのは、少し忍びない気持ちになってしまいます。この橋台は、国道18号(バイパスではなく旧道)が県道前橋安中線をクロスオーバーする跨道橋の脇にあります。

 上州電気鉄道の路盤は、ここからどんどん高度を上げて行きます。高崎から支線との分岐点である横壁(現在のJR吾妻線・長野原草津口付近)までは、かなりの標高差がありますから、それまで厳しい登りの勾配が続くことになります。先ほどの橋台の先は、標高を稼ぐ意味もあるのでしょうが、築堤と思われる、盛り土が続きます。盛り土の上部は、鉄道用地なだけあって平らなため、畑などに利用されています。

 この盛り土部分を過ぎると、やはり、鉄道用と思われる細長いスペースが続きますが、その先は判然としなくなり、谷と山に阻まれてしまいます。ただ単に再開発により鉄道用地が分からなくなってしまったのか、この部分の工事が行われなかったのかは、資料が少ないためわかりません。ただ、私の調べた資料によれば、会社末期にある寺で行われた株主総会では、株主から経営者側に厳しいなかなか進まない工事について、糾弾の声が上がったとの記録がありましたので、この部分の工事はすすんでいなかったのかもしれません。