東武鉄道伊香保線

略歴

区間 渋川〜伊香保
運行開始 明治43年
廃止 昭和31年

 
東武鉄道伊香保線
群馬の幻の鉄道資料編
考察:鉄道と地域経済
Chungking Expressへ

 東武鉄道の傘下に入った伊香保軌道。終戦当時は県内には渋川〜伊香保、前橋〜渋川、高崎〜渋川の三つの路面電車がありました。そのうちでもこの路線は、路面電車といっても専用軌道部分が多く、当時の面影をわずかですが、残しています。

 写真は、左側の小さな道が当時の路線跡。右側が伊香保へと通じる県道です。

 当時この伊香保線に乗った人の話を聞くと、「走って追いかけても追い付いた」とか「近くにリンゴ畑があって、車窓から手をのばすと実がとれそうだった」など、伊香保線らしい、ほのぼのとしたエピソードを話してくれます。

 右の写真は終着駅の伊香保駅跡付近から、渋川方面を望んだ写真です。細いたよりなげな道は、当時の路面電車を彷佛とさせ、雰囲気抜群です。

 地元の人の話によれば、原沢病院という病院があるあたりが伊香保駅跡だそうで、駅跡には、病院と接する崖に当時の物と思われる、石積みがあったりします。

 伊香保といえば温泉。伊香保は竹久夢二ゆかりの地でもあり、ときたま伊香保にやってきたそうです。あの竹久夢二が路面電車に乗って、伊香保に温泉療養にやってきたかも知れない・・・なんて想像してみると、楽しいと思いませんか?

 この伊香保線、当時地元では「チンチン電車」と呼ばれ、親しまれていたそうです。ゆったりとした、素朴な地方鉄道の雰囲気が、今に伝わってくるようです。

 新幹線網が発達し、高速鉄道時代を迎えている現在、もう一度こんな鉄道が見直されてもいいんじゃないかな?と思います。