上毛電気鉄道本庄線

略歴

区間 大胡〜東本庄
運行開始 未成線

 
上毛電気鉄道本庄線

 現在、上毛電気鉄道は、中央前橋〜西桐生のみ運行されていますが、当初はさまざまな区間の営業が計画されていました。そのうちの一つがこの区間です。

 当初の計画では第1期線として前橋市役所(現在の日本銀行前橋支店付近)〜西桐生(現在線)、大胡〜東本庄、第2期線として東本庄〜新吉井、南新町〜鬼石町、東三俣〜東総社を開業する予定だったようです。

 第1期線については、大正13年に営業免許が認可され(第2期線は後に却下)、昭和3年に中央前橋〜西桐生が開業しました。その後、大胡〜東本庄についても工事が始まり、この写真がそのときに建設された橋梁です。

 現在この橋は、国道462号線の坂東大橋として利用されています。橋の北詰にある記念碑によれば、もともと一般道の橋として使用する予定だったものを上毛電気鉄道が出資し、鉄道との共用橋として設計変更したようです。

 橋は昭和6年に完成しましたが、昭和恐慌と上毛電気鉄道の資金難により、工事はストップ。工事が再開されないまま、昭和9年、この区間の営業免許が失効して、この区間は幻の鉄路となってしまいました。

 この区間が完成していれば、伊勢崎から本庄へのアクセス鉄道として、重要な位置を締めていたに違いありません。

 この坂東大橋は、老朽化と、交通量の増加による慢性的な渋滞のため、現在その横に4車線の新橋が架けられました。この旧橋は、ゆくゆくは取り壊される予定になっているようです。とても残念なことです。