【別荘、田舎暮らし向け物件のご購入代金を銀行融資でまかなうご予定のお客様へ】

最近、「ローンを組んで買いたいのですが?」と相談受ける事が多くなりました。
しかし、昨今の経済情勢の中で、別荘などを購入する際、ローンを組むことは大変難しくなっています
特に中古物件の場合は…難しいです
(私どもでも、過去5年間で中古物件を購入するのにローンを組めた方はいません)
(しかし、無担保ローンや使途に縛りがないローンなどはこの限りではありません。そのかわり金利は高いです)

まず土地+建物建築費用の半分以上は自己資金でまかなう様な資金計画を立てて下さい。
この位、余裕がないと審査のテーブルに乗らないのです。

セカンドハウスローンや別荘ローンを扱っている金融機関も最近が少なくなっているのが、その理由です。
融資のテーブルすら乗らないのです。
銀行さんは別荘やセカンドハウスは贅沢ものと思われていますので、贅沢をするのは自己資金で…という考えがあるからです。

現在、お給料が振り込まれる銀行さんに相談してみて下さい。取引きのある銀行さんでしたら、お客様のお金の動きもわかってますし、お勤めの会社の動きも知っております。
もしその銀行に別荘やセカンドハウスローンの取り扱いが無い場合は…
セカンドハウスローンを扱っているのは楽天銀行さんとかスルガ銀行さんなどです。そこにも聞いてみて下さい。

別荘及びセカンドハウスローンを扱う金融機関が少なくなった理由は…?
借入する人が首都圏にお住まいで、物件は群馬県内といった場合、審査をするのが凄い面倒なのです。(これが銀行の本音です)。担保に入れるのであれば一度は現地を見に行かなければなりません。現地まで行くのに交通費もかかります、人件費もかかります。結構面倒なのです。面倒な思いをして、低金利のリスクを負ってまで銀行さんは貸したくないのです。

なお、当社では提携ローンなどのご紹介などはございません.。ご了承下さい。