日本国内屈指のパワースポット
1700年の歴史を誇る名社、榛名神社参詣ご案内
霊験あらたかな参道をゆっくりとお楽しみ下さい!!

(ご紹介したい見どころはまだまだ沢山有りますが、
まずこれを参考にしてご参拝ください)
(旅館高原から高崎方面にお車で8分

 

社家町を登り詰め鳥居をくぐると          隋神門、
(明治維新の廃仏稀釈までは仁王門)
禊橋
隋神門を過ぎていよいよ参道
昭和57年の台風で樹齢数百年の
杉の大木の多くがなぎ倒されたが
それまでは、うっそうとした杉並木
少し急勾配の坂道が続く
倉掛岩
坂の中腹進行方向右手に見える
昭和57年の台風によって朝陽.夕陽の両岳が出現 ここで一休み

お茶屋さんが2軒

水琴窟

夢のお告げの地蔵尊

お楽しみなおみくじ

トイレ
一息ついたら出発
ここから石段道が続く
石段の第1歩目右側の玉垣が
江戸時代の豪商
塩原太助奉納の物

次の石段の上に
神仏混合時代の
三重塔
廃仏稀釈による倒壊を免れた
貴重な建物
(2014年の改修工事により
すっかり再建)



(江戸時代から商家や農家の
信仰が盛んになり社家町には
100軒を超す宿坊ができ
長い間榛名詣で続く
塔を過ぎ岩の下をくぐるように進むと
赤い神矯
この場所は江戸時代に浮世絵師安藤広重描く
雪中行者渓の場所

塞神社(さいのかみしゃ)

祭神:
八衢比古神(やちまたひこのかみ)八衢比賣神(やちまたひめのかみ)


  この神様は他界より侵入して災厄をもたらす邪神、悪魔等を防ぎ止め、追い返すことを掌どっておられます。 特に道路の四辻、分岐点等を護られて悪霊を斥け災厄を防ぐ大きなお力を発揮なされ、道路交通安全の守護、悪魔除けの神として尊崇せられ、また、呼び名を「さいの神」と申し上げることから「幸神」「妻神」として、幸福をもたらす神、特に女性に良縁、妊娠、出産、幼児守護の神として崇敬せられる等、日本固有の信仰を得ておられます。 ドンド焼き、道祖神祭、左義長もこの神の御神徳をいただくお祭りです。
  街の四隅にこのお社の神さまのお札を立てて疫病・災いが入ってこないよう祈ります。



道路交通安全の守護、悪魔除けの神
良縁、妊娠、出産、幼児守護の神




万年泉

榛名神社は昔より
雨乞いの神様として
農家から厚い信仰を受け
ここの泉は古来より枯れた事が無く
どんな干ばつの時でも万年泉の
お水を受けこれを村に撒くと
たちどころに雨をもたらすと云う
(但し村に帰るまでは決して
この水を地においては
いけないと言われた)

矢立の杉

戦国時代の武将武田信玄は
この土地の蓑輪城攻略に長い間
手を焼いていた
必勝祈願に榛名神社を訪れその折
弓矢を立て掛けた木立と伝えられる。
水屋とみすずの滝

身を清めて今少し頑張ろう

右手に涼やかなみすずの滝
寒さ厳しい冬季には1本の巨大な氷柱と成り
人々を驚かせている
水屋からやや急な石段の先が神門
坂の途中左側には5月8日から15日まで
年1度本殿の神様が遊びに来られる
御行殿が有る


 
龍門と鉾岩

神門社務所を折り返すと.
岩(鉾岩)に食い込むように双龍門
左右の門扉には昇り龍降り龍
江戸時代の名工.左甚五郎の作と
伝えられるごっゆくり鑑賞。

右手に折れ最後の階段を上れば
いよいよ本殿境内

                                                                           
本殿境内
                          












詳しくは榛名神社ホームページをご覧くださいhttp://www.haruna.or.jp/(旅館高原からお車で8分)